髪の毛の抜ける原因

髪の毛の抜ける原因

髪の毛に抜ける原因をご存知ですか?髪の毛が抜ける原因は1つでは無くさまざまな要因が重なて起こっているのです。代表的な例は以下の通りです。

  • ホルモンバランスの崩れ
  • 遺伝
  • ストレス
  • 生活習慣病

以上が抜け毛・薄毛を促進させる主な原因となります。

 

ホルモンバランスの崩れ

ホルモンバランスの崩れは主にAGA患者の方に多く見られます。AGAとは男性型脱毛症の事で巷で若ハゲと言われているほとんどの方がこのAGAで悩んでいると思います。AGAの原因はホルモンバランスの崩れで、男性ホルモンであるDHTが以上に発生する事で抜け毛が発生します。DHTとはジヒドロテストステロンの事で、抜け毛を促進させる不要な男性ホルモンの事です。TH(テストステロン)と言う男性ホルモンがあるのですが、これが5αリダクターゼ(還元酵素)により変換されてできる男性ホルモンです。このDHTが毛乳頭細胞にある受容体に結合する事により、髪の毛の成長を抑制し、抜け毛が増えて薄毛になってしまうのです。

 

遺伝

遺伝も薄毛の代表的な原因と言えます。しかし、祖父や父が薄毛だからと言って必ず自分もハゲるとは限らないのも事実なのです。どういう事かと言いますと、ハゲが遺伝するのではなく、「ハゲやすい体質が遺伝する」という事なのです。つまり、体質が遺伝するだけですので、しっかりと髪の毛に良い食生活や、生活習慣を送っていると、ハゲないという事なのです。これはドイツのある研究チームが証明しているので間違いないでしょう。ですから、父や祖父がハゲていても諦める必要はないという事です。

 

ストレス

ストレスは現代社会で切り離す事ができない厄介なものです。ストレスは髪の毛にも悪いのですが、あらゆる病気を引き起こす原因になるので注意が必要です。かといってストレスを感じないように生活するのは難しいので、なるべくストレスを溜め込まないようする努力が必要になってきます。ストレスを感じ始めると交感神経が反応して血管を収縮させてしまいます。すると血行が悪くなってしまうので、頭皮に十分な栄養が送られなくなり髪の毛の成長が止ります。その結果抜け落ちて薄毛になってしまうのです。ですから、ストレスを感じたらストレス発散を意識するようにしましょう。

 

生活習慣

生活習慣病と言う言葉があるように、生活習慣はさまざまな病気を引き起こしてしまいます。その中の1つが薄毛です。特に食生活に注意が必要で、外食や油っこい食事が好きな方は注意が必要です。脂質・糖分の多い食事は、皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまうので、頭皮の毛穴が詰まってしまいます。毛穴が詰まると、髪の毛が痩せ細り、十分に成長する前に抜け落ちてしまいます。するとヘアサイクルが乱れて、髪の毛が生えてこなくなってしまうのです。その他、睡眠不足なども注意が必要で、髪の毛は寝ている間に成長するので、しっかりと睡眠をとる事が育毛のポイントとなってくるのです。また、睡眠不足はストレスの原因にもなります。ストレスの怖ろしさは上記でも述べましたので十分注意をしてください。

 

いかがでしょうか?以上が髪の毛が抜け落ちる代表的な原因です。特に生活習慣などに心当たりがある方は改善を心がけるようにしてください。生活習慣が乱れると、ホルモンバランスが崩れるので、DHTの生成が促進されます。するとAGAを発症してしまいます。一度AGAになってしまうと治る事は無く、一生薬を飲み続けなくてはならなくなります。ですから、こうなる前に日々の生活に気を付けながら食事などをとるようにしましょう。また睡眠もしっかりとるようにしてください。