育毛剤の副作用について

育毛剤の副作用について

育毛剤を使用するにあたって気になるのは副作用だと思います。基本的に育毛剤の副作用の率は非常に少ないと言われています。しかし、稀にかぶれ、むくみ、頭痛、めまい、抜け毛などが起こる場合があります。特にミノキシジル配合の育毛剤に副作用の症状が現れる傾向が強いです。

 

抜け毛

育毛剤の使用を始めると抜け毛が増える場合があります。この症状の事を「初期脱毛」と言うのですが、これは休止期にある毛が抜け落ちて、新しい毛が生える為の土台(頭皮)づくりが始まっている証拠なのです。ですから、初期脱毛が始まったとしても、古い毛が抜け落ちているだけで、新たに元気な毛が生えてくる準備中なので心配しなくても大丈夫なのです。

 

かぶれやむくみ

育毛剤を使用すると「かぶれ・むくみ」の症状が現れる場合があります。これは育毛の有効成分「ミノキシジルが」を配合している、育毛剤によく見られる症状です。有名な育毛剤で言いますと「リアップ、ロゲイン等」です。これらの育毛剤はミノキシジルを配合していて、そのミノキシジルが血管を拡張する作用によって起こる副作用なのです。ミノキシジルは元々血圧を下げる為の薬だったので、低血圧の方が使用する場合は注意が必要です。

 

頭痛やめまい

頭痛やめまいもミノキシジルが原因で起こる副作用です。これらも、血管拡張作用により起こる副作用で、医薬品の育毛剤に多くみられます。有名な物は「リアップ」で、副作用などの症状の報告数が数百件も上がっています。

 

男性機能の低下

男性機能の低下はAGA治療薬である「プロペシア」を服用している場合に稀にある症状です。しかし、男性機能低下の副作用を訴えている人は全体の数%程度なのでそこまで深刻に考える必要はないでしょう。

 

以上が育毛剤を使用した際の副作用の例です。上記で説明したとおり、医薬品のリアップなどが副作用の症状が酷いみたいです。医薬品の育毛剤は確かに効果は高いのですが、副作用が心配ですね。ですから当サイトでは医薬部外品の育毛剤の使用をおすすめします。しかし、医薬部外品の育毛剤であっても、初期脱毛は稀に起こる場合があります。初期脱毛については上記で説明したとおり土台作りなので安心して頂いても大丈夫です。ただし、かぶれや頭痛、めまいなどの違和感を感じた場合は直ちに使用をやめ、医師に相談するようにしてください。